2021-07-21

「UPBOND Communication」、Instagram上で相互的な接客体験を実現。InstagramメッセンジャーとのAPI連携を開始。

 株式会社UPBOND(代表取締役:水岡駿、以下UPBOND inc. )は、当社が提供するMAツール「UPBOND Communication」がInstagramのメッセンジャーAPIと連携したことをお知らせいたします。本連携機能については、従来から当社が開発してきたCRMサービス「UPBOND」を導入することでご活用いただけます。

 今までUPBOND inc. はtoCメーカー様のOMO、オムニチャネル化などの事業成長におけるサポートを行ってきました。今回のAPI連携により、Instagramのビジネスアカウントを所有する企業は「UPBOND Communication」というノーコードのMAツールを導入・利用することで、Instagram上で自社製品・サービスに興味・関心を持ったユーザーに対して、パーソナライズされた顧客体験を非対面で提供する業務環境を容易に構築出来ます。

予め顧客コミュニケーションの設定を行うことで、円滑な顧客体験を実現

 Instagramの台頭により企業やブランドの世界観を手軽に発信できるようになりました。ただ、相互的なコミュニケーションを取ることは構造上難しく、ファンの反応を知る機会は限られていました。また、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い実店舗でのコミュニケーションの機会が損なわれ、ECの台頭も併せて、消費者接点の希薄化が進んでいます。このような背景の中、当社で開発してきた「UPBOND」の連携先としてInstagramが加わることで、企業やブランドがファンに対して高度で適切な接客を行い、ファンがより適切な商品に出会うことが出来る世界の実現を目指してまいります。


 さらにUPBONDでは複数のSNS、メッセージアプリを使い分けることができる、マルチチャネルコミュニケーションを実現しており、UPBOND ConnectによるID統合と併用することによって顧客とブランドのタッチポイントを軸に適切なチャネルでのコミュニケーションが可能になります。

LINE、Instagram、Eメールなど複数チャネルを使い分けることが可能。メッセージングアプリの追加も可能。

■ 「UPBOND」について
toCメーカー様のDX化を支援するCRMツールになります。「UPBOND」には大きく分けて2つの機能があり、CIAM(IDの統合・連携・同意取得管理)、オフラインデータ取得の機能を持つ「UPBOND Connect」と、MAの機能を持つ「UPBOND Communication」に分かれます。


■UPBOND Communicationについて
ノーコードのMA(マーケティングオートメーション)ツールです。ツールフリー、チャネルフリーでの顧客折衝を行うことができ、toC事業者様のビジネスモデルに合わせたマーケティング戦略の実行します。Email、電話番号、LINE、Instagramなどのコミュニケーションチャネルに縛られず、Zoomや動画作成ツールなどとのノーコード連携が可能です。他ツールとの連携を継続して行うことで、時代に合ったコミュニケーションを実現し、顧客接点の最適化を目指します。


■UPBOND Communicationの主要機能(一部抜粋)

  • 顧客情報の自動アップデート、個別顧客情報の抽出、個別のコミュニケーション
  • マーケティングファネルの可視化、ダッシュボードの作成

ニュース一覧へ戻る